グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  お知らせ >  【参加者募集】onlineシンポジウム~Withコロナ時代のあそび場を語ろう~

【参加者募集】onlineシンポジウム~Withコロナ時代のあそび場を語ろう~


このエントリーをはてなブックマークに追加
【参加者募集】onlineシンポジウム~Withコロナ時代のあそび場を語ろう~

今の世の中、色々な自粛はできるけど、子どもたちの「あそび」は自粛なんてできません。
子どもたちが自由にあそぶ、そんな当たり前のことが脅かされるwithコロナ時代だからこそ、あそびを支える人と場所について改めて考えるシンポジウムです。
名城公園から、田中脩斗がパネリストとして出ます。

【催事名】Withコロナ時代のあそび場を語ろう
【日時】2020年10月11日(日)13:00~15:30
【参加費】無料
【定員】50名
【対象】15~34歳(中学生除く)※それより上の年齢の方もサポーターとしてご参加いただけます。
【使用アプリケーション】Zoom使用予定
※online環境が整わない場合、愛知学院大学会場で参加することができます。ご希望の方はユースクエアまでお問合せください。

【プログラム内容】
〈第1部〉パネリストによる発表
① 嶋村仁志 氏 (一般社団法人TOKYO PLAY代表理事、プレイワーカー)
『子どものあそびに関する概論~街路、家の周辺の道のあそび場としてのあり方について、現状と可能性~』
② 塚本岳 氏 (NPO法人日本冒険遊び場づくり協会地域運営委員、あいち森のようちえんネットワーク代表、NPO法人こどもNPO副理事長、市民活動団体リトルハウス副代表、森のようちえん「こそあどの森」副園長)
『大人(プレイワーカー)がいるあそび場の現状と可能性』
③ 田中脩斗 (岩間造園株式会社 事業部 協働連携推進担当、公園管理運営士)
『ロックダウンの中で多くの人が居場所として活用した“公園”の当時から今の状況と、子どもにやさしい空間としての可能性』
④発表者の対談

〈第2部〉グループセッション
①発表を聞いての感想や自分の経験などの共有
②身体的距離を保ったあそびについて考える


【お申し込み・お問合せ】ユースクエア(名古屋市青少年交流プラザ)
TEL:052-991-8440/FAX:052-991-8441
Email: nik01@re.commufa.jp
※お申し込み先は、名城公園フラワープラザではありませんのでご注意ください。

皆様のご参加をお待ちしております!